<<よく噛む=ダイエット?>>
ダイエット効果が食事をするときによく噛むことによって、あると言われています。
まぁ、そうですよね。たくさんあごの運動をしているわけですから。
小顔に自然になっちゃうわけです。
「小顔ローラー」なんて必要ないのではないでしょうか?
よく噛めるのは「歯が健康な人」だけですよね。
痛みを虫歯だらけの人は、感じるでしょうから、あまり噛まずに飲み込んでしまうと思います。
ダイエットしたかったら、まず虫歯を治療しましょうね。
また、よく噛むことによって、ダイエットだけでなく、精神や脳にも良い影響を与えると言われていますから、一石三鳥!?四鳥!?といったところでしょうか。

 

<<茄子の歯磨き粉>>
これって初めて聞いた人は驚かれるでしょうね。私も最初「はっ!?」と思っちゃいました。 茄子の歯磨き粉があるそうです。
え〜っと…文明は発達していますよね・・・(笑)。
味がなんともなんとこの茄子の歯磨き粉、強烈なんだそうです。
つまり歯を磨いた後は、何も食べる気にならないそう・・・・(笑)
一日中歯を磨いていれば、食欲も失せるでしょうから、ダイエットにはいいかもしれませんね・・・・・。

 

<<エナメル質が強い人>>
あなたは「エナメル質」って知っていますか?
歯の表面を覆っているものです。あのツルツルしたものですね。
人によってこのエナメル質も違いがあるのですが、
かなり虫歯にエナメル質の強い人は、強いそうです。
歯磨きをしなくても虫歯にならなかったり・・・。
なんだか夢のような歯だと思いませんか?


歯科インプラントで健康の歯ブログ : 2017/12/12


陰金田虫(インキンタムシ)とは、
医学的に股部白癬(こぶはくせん)という名称で、
カビの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)、
股部、お尻などの部分に何らかの理由で感染、
寄生してしまった病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。

気分障害のうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、
不眠、憂うつ、著しい疲労感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、
そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が2週間以上続くのです。

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、
肝臓が持つ解毒酵素の円滑な創造を促しているのではないかという事実関係が明らかになってきました。

バイ菌やウィルスなどの病気を生む微生物が呼吸とともに肺に侵入し伝染し、
肺そのものが炎症反応を示した様子を「肺炎」というのです。

昨今、比較的若い世代で結核(けっかく)に抗する免疫(抵抗力)の弱い人々が増加傾向にあることや、
早合点のために受診が遅れることが主因の集団感染及び院内感染が多くなっているようです。

「常に時間に追われている」「わずらわしいいろんな人間関係が嫌い」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい進歩に付いていくのが大変だ」など、
ストレスが溜まる誘因は人によって異なります。

30才から39才の間に更年期になるなら、
医学的な用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患を指します(この国の場合40歳未満の女の人が閉経してしまう症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と言っています)。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は若い男の人に多く確認されており、
大抵の場合は股間の辺りにのみ拡大し、
体を動かしたり、入浴した後など体が温まった時に猛烈な痒みが訪れます。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、
アレルギーの原因となる花粉の飛ぶ量に比例したように悪化の一途を辿ってしまう特性があるということが明らかになっています。



このページの先頭へ戻る